女性不妊検査について

少子化が問題になっている日本ですが、実は、結婚している夫婦でお子さんがいらっしゃらない方や、二人目、三人目を望んでいるのに、なかなか子どもを授からずに悩んでいる夫婦も多いようです。

芸能人でも不妊治療についていろいろと発言していらっしゃる方も多くなってきており、メディアなどでも取り上げられはじめていることから、不妊の問題について耳にする機会も増えました。しかしながら、現代では晩婚化が進んでおり、女性の社会進出に伴って、女性の出産年齢が上昇しています。

そのため、35歳以上の高齢出産をする女性も最近では全くめずらしくないため、高齢であっても、多くの方々が無事に妊娠出産しているから大丈夫と安易に考えてしまっている方も多くなっています。

そういったことから、特に子どもを産む年齢を気にせず、結婚も焦ることなく、キャリアやプライベートを充実させることなどを優先していらっしゃると、いざ子どもを作ろうと思ったときになかなか子どもを授かることができず、慌ててしまう場合も多いようです。

高齢出産が多くなってはいますが、やはり、女性の妊娠に至る確率は、年齢が上がるほど低くなり、35歳以上からは20代と比べると格段と低くなってしまいます。

女性不妊の原因はさまざまですが、一番大きい原因としては、卵子の老化があげられます。女性の卵子は、出生時から、年々老化していってしまいますので、卵子の老化により、受精や着床、細胞分裂にも支障をきたしてしまう恐れがあります。

そういったことから、30代の方で結婚後1年以上避妊をしているわけではないにも関わらず、妊娠に至らない場合は、産婦人科や、不妊治療の専門病院へ行って検査をしてもらう事が重要です。

検査は夫婦で行う事が基本となります。ご主人の側に精子が少なかったり、精子の運動量が低い場合は、女性に問題がない場合であっても、なかなか妊娠に至らない原因になりますので、ご主人も一緒に検査をしてもらう事が妊娠までの近道になります。

ご主人に問題がない場合、女性不妊の検査としては、子宮や卵巣の検査をしたり、最近では不妊治療クリニックによっては、卵巣年齢検査をおこなってくださるところもありますし、排卵について診てもらったり、ホルモンの値を調べてもらったり、卵管がつまっていないか確認してもらうなど、様々な項目があります。

きちんと調べてもらう事により、不妊の原因をつきとめ、どのように治療していくべきかを先生と相談しながら進めていきます。
女性不妊は高齢の方だけの問題と考えてしまっている20代の女性も多いようですが、不妊の原因はさまざまですので、年齢だけが原因ではありません。

そのため、若いご夫婦であっても、なかなか子どもを授かることができない場合は、不妊治療のクリニックへ行って不妊になる原因がないのかを調べてもらったり、特に原因がないと分かった場合であっても、排卵日を特定してもらい、タイミング法を教えてもらう事から始めていくと、そのまま授かる場合もありますし、なかなか授かれない場合は、人工授精や体外受精へステップアップをしていくことにより、授かる可能性がずいぶんと高くなります。

最終的に体外受精へステップアップすることを考えても、年齢が高くなるほど成功率はどんどん低くなってしまいますので、若いうちから治療を始めることは大切です。

特に体外受精となると、費用が非常に高額で、その分1回受けるたびに妊娠できなかった時のストレスは大きくなりますので、精神的な負担も増えてしまいます。年齢が高いと成功率が低いということは、体外受精を数回試みることになる可能性も高くなりますので、回数が多くなればなるほど、費用は膨大に膨れ上がり、赤ちゃんが生まれる前から家計を圧迫してしまいます。
これらのことを考えても、やはり高齢になるほど女性不妊の原因は大きく重くのしかかるという知識をしっかりと結婚前の女性が持っていることが非常に重要です。

また結婚を考えているご夫婦のための、ブライダルチャックというものを行っている産婦人科も多くあります。ブライダルチャックによって、性病や、子宮の状態など、不妊につながるような原因はないのか調べてくださりますので、結婚前であってもこういったものを知っていると、早い段階でいろいろな事に気づくことができますのでお勧めです。

女性不妊について調べてもらう際には、血液を採ってもらったり、内診をすることにより、子宮や卵巣、卵管、排卵などについて調べてもらう事になりますので、ズボンスタイルよりも、ワンピースやスカートを着用していくと、診察がスムーズになります。内診が苦手な女性は多いのですが、女性医師のいる病院を選んだり、内診時は力を抜いてリラックスするなどのことに気を付けるようにすると良いです。

また、不妊について調べてもらう場合は、病気ではないために、実費となりますので、1万円以上財布に入れておかれると安心です。

合わせて読みたい記事

医学的に見た女性不妊の原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加