愛知県豊橋市にあるつつじヶ丘ウィメンズクリニックの体験談

愛知県豊橋市にあるつつじヶ丘ウィメンズクリニックの体験談を紹介してくださるのは、『まさちゃん』さんです!愛知県豊橋市にあるつつじヶ丘ウィメンズクリニックの口コミ・評判などが気になる方は是非参考にしてみてください。

当サイトは、なかなか聞きにくい個人の体験談を提供しています。不妊治療は約30年ほどの歴史なので、施術内容も変化している可能性があることをご理解の上、参考になさってください

不妊治療を始めようと思ったキッカケを教えてください

結婚後1年ほど経っても子どもができませんでした。

結婚前は「べつに子どもいなくてもいいよね」とお互い言っていましたが、周りからの「子どもはまだ?」という声が心に刺さるようになりました。

また、夫が12歳年上でつくるなら早くしないと子どもが成人するまでに定年になってしまうことや、子どもが居なければ老後は自分一人で寂しい人生を送ることになるのではないかという不安もありました。

とはいえ、やっぱり子どもが居なくてもいいという気持ちもあったので、具体的に治療するかしないかは後にして、まずは自分たちが子どもを授かることのできる身体なのかどうかを調べたいと思ったのが治療をはじめたきっかけです。

かかりつけの病院を選ぶ際にこだわったポイントを教えてください

生理不順がひどく、ごく一般的な婦人科にかかっていましたが、排卵誘発剤を処方され続けるだけでした。

その排卵誘発剤も効かないことがほとんどで、1度だけ血液検査をしてもらいました。

そのときに先生から「ホルモンが分泌されていないね、これじゃあ閉経した90歳のおばあさんと同じだから。」と言われ深く傷つきました。

さらに「うちではもう無理だから、妊娠したいなら専門の病院に行って。治療したとしてもすぐできるわけじゃないし、3年はかかるだろうね。」と言われ、先生に対する不信感が増したのと、通院自体が苦痛になってしまいそれ以来病院に行かずにいました。

とはいえ生理不順を放置するわけにもいかず、検査もしてもらいたかったので、不妊治療専門の病院を探すことにしました。

地域に不妊治療専門の病院がほとんどなく、一番近い不妊治療専門の病院は先生が怖いという噂があり行くのをためらっていました。

たまたま未婚の友人が通っていた市外にある婦人科が不妊治療専門の病院で子連れ禁止という情報も教えてもらい、曜日によっては優しい女医さんが診察してくれるとのことで、すぐに転院しました。

何歳頃に治療を開始されましたか?

私が23歳、夫が35歳のときに開始しました。

不妊治療の開始した時期を、西暦で教えてください。

2014年です。

最終的に、どこの病院に通院され、どのような治療を受けましたか?

友達から紹介してもらった不妊治療専門の病院で検査と治療を行いました。検査の結果、夫には異常がまったくありませんでした。子どもができない原因は、私が重度の多嚢胞性卵巣症候群で無排卵状態であることと、片方の卵管が詰まっているかもしれないということでした。

詰まっていないほうの卵巣から排卵されれば十分妊娠が望めるとのことで、治療をするならまずは排卵誘発剤とタイミングによる治療をしていくことになりました。

実際に病院に通ってみて、あなた症状や考え方に合っていた事・違っていたことは、どのようなことでしたか?

まず、一般の婦人科と不妊治療専門の婦人科とでは検査からして全く違うと思いました。転院してはじめて自分が多嚢胞性卵巣症候群であることを知り、なぜ無排卵の状態が続いているのか納得することができました。また、卵管が詰まっているとは夢にも思っておらず、もし転院しなければずっとわからなかったことだと思いました。

メンタル面のケアは、いかがでしたか?

カウンセリングを受けることもできるようでしたが、私は利用することはありませんでした。

成功可否は?もし、途中で治療を辞めたのであれば、理由を教えてください。

排卵誘発剤を服用し、フーナーテストを受ける時のタイミングで妊娠に至りました。

最後に

子宝に恵まれるかどうかはパートナー同士の状態によって変わります。愛知県豊橋市にあるつつじヶ丘ウィメンズクリニックが気になっているのであれば早めに相談してみてはいかがでしょうか?

⇒ 不妊治療を考えた時にまず確認したいコトとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*