排卵モニタリングとは?

女性がお腹に赤ちゃんを宿すためには、何よりも健康な卵子が順調に排卵されていることが大切になります。卵子が精子と出会うことで受精し、子宮内膜に着床することで妊娠が成立するのですが、この卵子がうまく排卵されなかったりタイミングが合わずに精子と受精できなければ妊娠が難しくなってしまいます。近年では不妊に悩むカップルの数が年々増加しているとも言われており、その理由の一つに女性の排卵に関するトラブルが挙げられるので決して他人事と思わず注意することが大切です。

排卵モニタリングの重要性

卵子は生命の源とも言える非常に重要な存在であり、赤ちゃんを授かるためには必要不可欠なものです。健康な女性であれば、毎月1個の卵子が卵巣から排出されて精子との出会いを待つことになります。ただ、この卵子や卵巣の機能は加齢によって質も低下し数も少なくなっていき、だんだんと妊娠しづらい状況に陥ってしまいます。しかも悪いことに、卵子は非常に健康で質の良い場合でも寿命が約8時間から10時間しかなく、この短い時間内に精子と出会って受精までこぎつけなければなりません。

精子の寿命も短ければ24時間ほどしかないため、うまく受精させるためにはタイミングが非常に重要になってくるのです。排卵は毎月1回しか行われないため、このタイミングを逃してしまうとまた1ヶ月待たなければならず、その間も時間が過ぎることで卵子の老化が着実に進んでしまうので注意が必要です。

このように、非常に寿命の短い卵子と精子をタイミングよく出会わせることが妊娠を成功させる秘訣であるため、いかに排卵の時期を見極めるかが大切になります。一般的に精子の寿命は長ければ約5日ほどあるので、排卵日にむけてあらかじめ精子を子宮内や卵管で待たせておくほうが成功率が高くなります。それぞれの寿命を考えてうまく受精させられるようにタイミングを見極めるためにも、排卵モニタリングというものが必要になります。

排卵モニタリングとは

排卵モニタリングとは、その名の通り女性の身体やホルモンの状態をモニタリングすることで、排卵時期をある程度はっきりさせる方法のことを指します。排卵時期が分かればその日以前に精子を待機させておくことができるため、より妊娠率を高くすることができるのです。

排卵モニタリングの主な方法

モニタリングの具体的な方法としては主に3種類あり、それぞれ特徴が異なります。

卵胞計測する場合の特徴

まず、卵胞計測と呼ばれるものは、経腟エコーを用いて卵胞の大きさを計測することで排卵時期を予測することができます。卵胞が約20㎜ほどまで成長すると排卵が起きるため、この大きさに近づくほど排卵日が近いという事になります。

子宮内膜を観察する場合の特徴

さらに、子宮内膜を観察することでもある程度予測できます。子宮内膜は、排卵日が近づくとホルモンの影響を受けて受精卵が着床しやすいように厚く柔らかく変化します。こちらも経腟エコーで子宮内膜の状態をチェックし、この状態に近くなっているかを確認します。

ホルモン濃度を計測する場合の特徴

また、尿や血液中のホルモン濃度を検査する方法も行われています。排卵の準備が完了すると、血液や尿の中に特殊なホルモンが増加するようになります。このホルモンは排卵を促進する作用があり、濃度がピークに達すればその後約12時間から24時間以内に排卵が起こることになります。ピーク量などは個人差が大きいですが、継続して計測することで自分のピークが分かりやすくなるため、より正確な判定を行えるようになります。

まとめ

このような排卵モニタリングを行う事で、より確実な排卵時期を見極めることができ、タイミング法や人工授精のための採卵などを行いやすくなります。不妊治療は女性の体に大きな負担をかけることになるので、何度も治療を繰り返していると自信を無くしたりストレスばかりが溜まってしまうことになります。

こういった不安は妊娠の成功を邪魔する要素にもなってしまうため、クリニックとしてもできるだけ早く治療効果を得る必要があります。排卵モニタリングを行うことでより受精の可能性が高まるため、現在でも積極的に行われている治療法の一つになっています。

ただ、いくら排卵モニタリングを行ってタイミングを合わせたとしても、そもそもの卵子の質が良くなければうまく受精したり成長できないこともあります。一般的に年齢を重ねれば重ねるほど卵子が老化して妊娠しにくくなると言われていますが、逆にいくら若くても卵子の質が悪ければ妊娠は困難になってしまいます。

女性の身体は想像以上にデリケートで、睡眠不足や食事の偏り、喫煙やストレスなど悪影響が加わればあっという間に卵子が老化してしまいます。卵子は一度老化すると元には戻らないため、いかにこういった悪影響を覗いて老化のスピードを抑え、受精能力の高い質が良い卵子を維持していくかが重要になります。卵子の老化は自分で自覚できないのでついつい無視してしまいがちですが、妊娠のためには非常に重要なポイントになるので日ごろの生活習慣にも気を配るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*