妊活で悩んでいたら、子宝の神様「木村さん」

子宝の神様として「木村さん」がインターネットや口コミで広がって親しまれ、祈願をする人が多くなっているのです。

2000年に木村という方が中国に行き、その時に陶器のある人形に惹かれて友人に贈るために購入して持ち帰りました。するとその友人が妊娠をしたそうです。そしてその妊娠をした人が人が不妊症に悩んでいる友人たちにその人形を見せたところ8人中7人が半年以内に妊娠をしたということです。その噂を聞いた木村さん本人も妻に見せたところ妊娠をしたというのです。

その人形は日本なら布袋さんに似ていて、顔も体も丸くお腹がぷっくりしています。顔はにこやかに笑っているのです。その人形は「木村さんにもらったもの」ということで「木村さん」としてしま島れるようになりました。そしてその人形を中国から持ち帰った木村という方が「子宝に恵まれるパワーがあるのではないか」ということでホームページに掲載し全国的に有名になったのです。

実際にそのような神社があるわけではなく、ホームページに掲載されている20種類以上のバージョンの人形の絵を携帯やパソコンの待ち受けや壁紙にしたり、プリントアウトをして飾っておくことでご利益が得られるのです。またホームページではネット状で絵馬に願い事を書くこともできます。

妊活をしている多くの人がこの「木村さん」の絵を待ち受けにしたり、絵馬に祈願することで子宝に恵まれているのです。また安産祈願としてもご利益があります。「赤ちゃんが授かりますように」「どうか無事に着床しますように」「お腹の子が無事に生まれてきますように」という内容の祈願がたくさんされています。そしてお礼参りとして「無事に生まれました」「ここで祈願をして3か月も多々ないうちに妊娠しました」「卵を無事に採れました」など人工授精などで頑張って妊活している人の喜びの声もホームページにたくさん掲載されています。

ホームページでは御神札と神棚もダウンロードすることができます。プリントアウトをしてお祀りしておくことでご利益が得られるということです。

ホームページでは赤ちゃんを抱いて赤い座布団に座っている陶器人形も有料で販売しています。手の平にのるくらいの可愛いサイズで重厚感や高級感がある人形です。中国から原物を入手するのは難しくなったのでオリジナルで作成したものということですが、不妊でお悩みの方は優しい笑顔で赤ちゃんを抱く人形を毎日みて赤ちゃんが授かるように祈願してご利益を授けてもらうとよいでしょう。

またホームページではおみくじを引くことができたり、妊娠や出産など子宝に関しての質問をすることもできます。そこには妊娠の適齢期は何歳くらいかとか、子宮に筋腫があると妊娠できないかなどの疑問に答えてくれています。妊娠に関する豆知識も知ることができます。

このように「木村さん」は妊活をしている人にとって興味深いことを知ることができたり祈願ができるホームページとなっています。またそれを見ることで悩んでいるのは自分だけではないと知ることもできるでしょう。ホームページを見て実際に絵馬に祈願を記していく人は毎月1000人を超えているのです。自宅にいるだけで祈願をすることができ、他の人の情報も知ることができる場所となっています。

妊活中の人は特に排卵日が近づくと「今度こそ」と意気込んでストレスを抱えてしまいがちです。そんなときにはこの人形の顔を見てほっこりし気分を落ち着かせるとよいでしょう。また流産をして悲しんでいる人もこの人形の顔を見て「次の赤ちゃんに恵まれるよう」前を向いていけることになるでしょう。このように顔を見るだけでも気分が落ち着く子宝の神様です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*