hmg注射とは?

不妊の原因はさまざまですが、その原因の一つとなるのが排卵障害です。通常、女性は一定周期で卵巣から卵子を排出して精子と受精し、受精卵をつくることで妊娠します。卵子は卵巣の卵胞という組織が次第に大きく成長し、成熟したときに卵胞を破って放出されます。

ところが、なんらかの原因で卵胞がスムーズに成長せず、卵子が放出されるまで卵胞が成熟しないため、定期的に排卵が起こらないこともあります。これが不妊の原因となる排卵障害です。

排卵障害になるのは、肥満や痩せすぎ(急激な体重減少)、甲状腺などのホルモンの分泌する器官の異常、ホルモンバランスの乱れ、過度なストレスなどが原因であるケースが多く、排卵障害の人は月経周期が不安定で月経不順や無月経が悩まされていることも少なくありません。

月経不順や無月経の場合には、これらを解消することで排卵障害が治ることもあるので、ホルモン補充療法などで治療を行ないますが、排卵障害は明確な原因を特定できないことも多いので、卵胞に刺激を与えて排卵を促す排卵誘発剤を用いて排卵を促す不妊治療も広く行われています。

軽度の排卵障害の場合には、経口薬(服用するタイプの薬)の排卵誘発剤が用いられます。経口薬の排卵誘発剤はクロミッドが代表的です。クロミッドは脳の視床下部というところに働きかけて排卵を促す「性腺刺激ホルモン」の分泌を活発にすることで排卵を正常化させる薬で、排卵が遅れて周期が不安定だったり、時々排卵が起こらなかったりするなどの軽度の排卵障害を改善するために用いられるのが一般的です。

クロミッドの服用で排卵障害が改善され、スムーズに妊娠に至るケースも多いですが、クロミッドはエストロゲンの働きを抑制する作用があるため、子宮内膜が厚くならないなどの副作用のリスクも存在します。

また、生まれつきの体質で排卵しにくかったり、無月経で排卵そのものが起こらなかったりするなどの重度の排卵障害の場合にはクロミッドを服用し続けても不妊症を解消することはできないので、hmg注射を用いる「hmg-hcg療法(ゴナドトロピン療法)」が選択されます。

ゴナドトロピン療法に用いられるhmg注射とは、卵胞の成長を活発にして排卵を正常化する『ヒト閉経ゴナドトロピン(hmg)」という性腺刺激ホルモンの一種を排卵誘発剤として使用する注射で、この治療では月経が始まってから3~5日後にhmg注射を7~10日間毎日続けるのが一般的です。注射を開始する時期や注射を続ける期間は、超音波検査(エコー)で卵巣の状態を随時チェックし、卵胞の成長を見ながら決めます。
hmgの注射のみで治療が行われる場合もありますが、卵胞が十分に育ったところで排卵を促す作用のあるhcg(絨毛性腺刺激ホルモン)の注射液を注射することで排卵する確率を高めることができるので、hmgとhcgの2種類の注射を併用するのが一般的です。
hcg注射をすると24~36時間後程度に排卵が起こります。この間に受精を試みることで妊娠しやすくなりますが、排卵する確率が7割程度に対して妊娠率は3割程度なので、一度で妊娠する可能性はあまり高くありません。

自然妊娠を望むのならば妊娠するまで何度も治療を続けることもできますが、より確実に妊娠するにはhmgによって育てた元気な卵子を採取して人工授精を行なうのも効果的です。

hmg注射は、経口薬のクロミッドのように子宮内膜が薄くなるなどの副作用は起こりませんが、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)という副作用に見舞われるリスクもあります。

OHSSはhmgが効き過ぎて卵胞に過剰に刺激されることによって生じる副作用で、ひどいときには卵巣に腫れが生じたり、腹水や胸水が溜まったりすることもあります。自覚される症状としては、腹痛や下腹部痛、吐き気、下痢、尿量の減少、急激な体重増加などが起こります。

OHSSになる可能性は全体の10~20%程度といわれていますが、この数字は決して低いとも言えません。治療を始めてから上記のような自覚症状があらわれた場合にはすぐに受診して主治医に相談しましょう。

また、OHSSの他にも、多胎妊娠(複数の子供を妊娠)のリスクが高まるという副作用もあります。排卵誘発剤は人工的に卵胞を成長させて排卵を促すため、多胎妊娠のリスクをゼロにするのは困難ですが、hmg注射をしたときには多胎妊娠の確率が大きく跳ね上がります。自然妊娠における多胎妊娠の確率が1%であるのに対してhmg注射を行なって妊娠する場合には多胎妊娠の確率は20%となり、実に5人に1人が多胎妊娠する可能性があるということになります。

もちろん全く子供ができないよりはたくさんできたほうがよいですが、多胎妊娠は母体にも赤ちゃんにも負担が大きく、流産や死産のリスクが高まるので、超音波検査で卵胞の状態を確認しながら薬剤の量を微調整し、できるだけ多胎妊娠しないように配慮して治療が行われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*