便秘が不妊に関係するの?体質を改善して妊娠率UP!

便秘とは、便が出ないだけではなく、量が少なかったり、硬い、残便感がありすっきりしないという状態のことを言います。

健康な状態であれば、腸のぜん動運動によって排便はスムーズに行われますが、運動不足やストレス、トイレの時間を作れないなど様々な原因によって排便が行われなくなることでいろいろな症状が引き起こされてしまいます。

腸の中に悪玉菌が増えてしまったり、骨盤内の血行が悪くなって全身の血行も悪くなる、自律神経の働きが乱れることなどが原因で肌荒れやイライラ、肩こりや腰痛、腹痛にだるさ、疲労感のほか、痔になってしまうこともあります。

その様々な症状のひとつが不妊です。

不妊は自然な状態で妊娠に至れないか、一定期間以上に妊娠を維持することができない状態のことを言います。原因は様々で病気やストレスなどが考えられますが、見落とされがちなのが便秘なのです。

もちろん便秘の人でも妊娠出産をする人はおり、直接的な原因とはならないけれども間接的な原因には十分になる症状です。

便が排泄できないということは、腸内に長い間便が止まっている状態です。ひどい人になると1週間以上でない人もいるようですが、これはつまり腸内がいっぱいになり他の臓器を圧迫しているということでもあります。その圧迫されている臓器の中には子宮や卵巣などの妊娠に重要な器官も含まれています。

実際に排便がスムーズにできない人の子宮は左側屈や後方への変位が強いとされ血ます。このような状態を改善することで子宮を正常な状態にすることによって妊娠しやすくなるということが考えられます。

便秘のタイプ別改善方法

排便をスムーズにしたいと言っても、排便しにくい理由は様々です。そのためそれぞれの原因に合わせて改善していくことが大切です。

冷え性タイプ

体が冷えて腸の動きが悪くなり便通が悪くなっているタイプの場合、冷えを取ることを意識することによって便通が良くなります。

ウォーキングやヨガなどの軽い運動をすることによって代謝が活発になり、血液の流れも良くなっていきます。また、ダイエットをしていたり、元々小食である場合には体を温める栄養まで足りなくなっている可能性もあるため注意が必要です。

冷たいジュースやお茶、アイスなどを飲みすぎるのも体の冷えの原因となるため、温かいスープや温野菜、体を温める生姜や根野菜のほか、熱源となるたんぱく質などを意識して摂っていくのも効果的です。これに合わせて腸の動きを良くするシナモンやフェンネルなどのスパイス類も良いとされています。

熱タイプ

体に熱がこもって腸内から必要以上に水分吸収が強くなってしまい便の水分が少なくなることで硬くなってしまい出ないタイプの場合には、汗をかく程度までジョギングや水泳などの運動をすることが有効です。

熱タイプは熱がこもることが原因ですので、運動することで一時的に体温を上げますが、それに合わせて発汗することで熱が奪われるため体温を下げることが可能です。

このタイプは肉類などの脂質が多かったり、アルコールや辛いものが好きで野菜が嫌いという食事をしている傾向があります。
そのためぬるま湯などを飲みながら果物や生野菜、牛乳などを摂取することを意識するのもオススメです。

気滞タイプ

体のエネルギーのことを東洋医学では気という言葉で表現しますが、この気が滞り上手く機能しないことでも腸の動きが弱くなってしまいます。気滞タイプは主にストレスなどが原因だと考えられています。

ガスが溜まってお腹が張ることも多いとされています。気の流れを良くするためには、リラックスをすることが大切なためリンパマッサージをしたりストレッチやヨガをすることなどが良いとされています。

取り入れたい食事としては、ニンニクやネギ、生姜、らっきょう、柑橘類などの食品が効果的です。

また、リラックスするのに良いアロマを使った入浴なども有効となります。

気が足りないことでも排便はスムーズにいかなくなります。睡眠不足や食生活が疎かになりがちな人がなりやすいタイプで胃腸の働きが弱く、胃腸で栄養分が吸収できなことから気が不足しやすくなります。

そのため栄養を吸収しやすいようによく噛みながら、ジャガイモやかぼちゃ、豆類、ユリ根、ウナギなどの食材を摂取していくことが効果的です。

貧血タイプ

血が不足していても便秘になってしまいます。腸全体に栄養が運ばれにくくなるため、腸の働きが弱くなります。

このタイプの場合には、排便に対しての問題だけではなく顔が青白かったり、肌が乾燥する、髪の毛が傷むなどの症状も現れやすくなると考えられます。

改善するためには血を補うことが大切です。プルーンやクコの実などのドライフルーツ、黒豆、ひじき、レバーなどの血を増やす食べ物を摂取していきます。

まとめ

どのようなタイプのものであれ、腸内環境を整えることは効果的なため発酵食品などを積極的に食べることもオススメです。

便秘が改善されれば内臓の状態も良くなります。内臓の状態が良くなるということは子宮や卵巣の状態も良くなるため妊娠する確率も高くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*