確率からみる自然妊娠の限界

日本では女性の社会進出や晩婚化が叫ばれていますが、それに伴って女性の初産の年齢も年々高くなっていっています。30歳以上で初産を迎える人は今や決して珍しくなく、中には40歳や50歳で初めて子供を授かる人もいます。芸能人や有名人などでこのように超高齢出産を成功させた人々がニュースに取り上げられることがありますが、だからと言って誰でも同じように妊娠出産にこぎつけられるわけではありません。

今や結婚しているカップルの6組に1組が不妊症に悩んでおり、妊娠するために様々な治療を行っていると言われています。基本的に、女性は30歳を過ぎると急激に卵子の質が低下し、自然妊娠が難しくなるのです。女性の年齢に応じて自然妊娠する確率というのはある程度決まっており、25歳から29歳までであれば1か月あたり30%の確率で自然妊娠できるところ、30歳から34歳では25%に低下し、さらに35歳から39歳になると18%に大きく下がってしまいます。40歳から44歳であれば5%、さらに45歳から49歳ではわずか1%しかありません。40歳を超えれば自然に妊娠することはほぼ難しくなり、身体が限界を迎えていると言えます。

さらに、健康上問題の無いカップルが1年間避妊なしで性交渉を行った場合、20代であれば約80%の確率で妊娠することができます。30代前半であれば約60%、35歳を過ぎると約50%となります。35歳を過ぎていても1年間頑張れば半数近くのカップルは自然妊娠が可能なのですが、40代前半になると約30%、45歳を超えるとこれが5%以下に下がってしまいます。この年齢はあくまでも実際の年齢で、卵巣や卵子の年齢とは別になります。人によっては卵子の老化が非常に早く、30代でも卵子は40代という状態になっている女性もいます。

このようなケースであれば、例え実年齢がいかに若くても自然に妊娠することはできないため、まだ若いからといって油断することはできません。30代に入れば確実に卵子の老化が進むため、妊娠できる可能性はかなり低くなってしまうのです。

さらに、女性は一般的に50歳を超えると生理が終わる閉経を迎えます。閉経してしまえばどんなに頑張っても卵子が排出されないため、自分の力で妊娠することは不可能になります。世界的にみると60歳や70歳でも卵子提供を受けたり体外受精を行ったりして妊娠した話がありますが、高齢出産には非常に大きなリスクも伴います。不妊に悩む女性にとっては非常に励みになる話ですが、赤ちゃんがダウン症など遺伝子疾患を持って生まれてくる可能性もグンと高くなるので注意が必要です。

自然妊娠の分かれ目?

年齢を重ねても問題なく自然妊娠ができる人と、若くても赤ちゃんの流産や遺伝子疾患を繰り返してしまう人もいます。なぜこのように成功と失敗が分かれてしまうのかというと、やはりその理由は卵子の老化にあります。

卵子は、女性であれば生まれたその時から体内に存在し、その数は一生分がすでに決まっています。成長に伴って新たに作られることは無く、胎児の時に作られたものが毎月ひとつずつ排出されていくのです。つまり、卵子は身体が成長するにつれて一緒に老化し、質が悪くなってしまいます。卵子が老化すればするほど、本来卵子の中に存在しているミトコンドリアという物質が減少して若々しさを保てなくなり、正常に受精したり子宮へ着床したり、細胞分裂がうまくできずに先天性の疾患や流産に繋がってしまう可能性が高くなるのです。

卵子の老化は、女性の毎日の生活習慣によって左右されることが大きいです。ストレスを溜め続けていたり睡眠不足が続くこと、栄養の偏った食生活を続けたり飲酒や喫煙をすることによっても悪影響を及ぼします。このような不規則な生活習慣を続けていれば卵子の老化が進み、ますます自然妊娠できる確率が下がってしまいます。逆に言えば、毎日規則正しい生活を送っている人であれば卵子の老化を防ぎ、例え年齢を重ねていたとしても若々しく、正常に発育するパワーを持った卵子を持っている可能性が高くなります。つまり、高齢でも自然に妊娠できる人というのは質の良い卵子をたくさん持っていて、若くても妊娠できない人は老化の激しい卵子しか持っていないということになります。

一般的に、不妊治療には数百万円という莫大なお金がかかってしまいます。しかも、これだけ高額の費用をかけたからといって必ずしも妊娠できる保証はなく、女性の身体にかかる痛みや負担も非常に大きく過酷です。このため、自然に妊娠できるなら経済的にも身体的にもそれが一番良いのですが、そのためにはできれば30代に入るまでに妊娠を目指すことが大切です。ただ、あまり自然な妊娠にこだわるあまり時間をかけ過ぎていると、いつの間にか年齢を重ねて妊娠が難しくなってしまうこともあり得ます。妊娠の仕組みや身体の限界を理解したうえで、自分たちに適した方法を選んでいくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*