顕微授精の安全性は?

不妊治療の治療方法として多くの技術があり、そして多くの病院でそれらの技術が普及し利用されています。その中の技術の一つが顕微授精です。
 
まず、不妊治療の技術として広く用いられているものとして、①人工授精、②体外受精+胚移植、③顕微授精+胚移植の3つがあります。
 
まず、通常の夫婦生活を送り2年以上妊娠しない場合をWTOでは不妊と定義しており、この状態になった時から不妊治療を開始します。不妊治療の開始時は、まずは妊娠しやすい時期を、医師が患者に対して指導し、妊娠に導きます。具体的には、女性の体は卵胞期と黄体期の二つに分かれており、卵胞期の末期である排卵時期を教えて妊娠しやすい状況を教えます。

逆に言えば、黄体期は排卵が起こらないため、絶対に妊娠することはありません。この指導を行っても妊娠しない場合は、男性の精液を検査し、人工授精を行います。

人工授精

①の人工授精は、男性から精液を採取し、活力、生存率、奇形率、数、量、pH、色、臭いなど肉眼的検査や顕微鏡検査を行い正常性を確認します。精液の正常性を確認した後、精液を修正タイロード液などを用いて洗浄し、精子だけにし、これを細いストロー管に入れます。

この時、精子を凍結保存せず生で人工授精する場合は、事前に排卵日を調べておき、排卵日に合わせて精子を注入します。また、精子はグリセリンなどの凍結保存液に入れて液体窒素に入れることで、半永久的に凍結保存が可能になり、女性の排卵に合わせて融解し人工授精することができます。

体外受精+胚移植

②の体外受精+胚移植は、通常は女性の生殖器の中で起こる受精を、卵子と精子を体から取り出し、シャーレの中で受精させ、その後胚盤胞まで発生させてから女性の体内へ移植する方法を言います。
 
精液については上記の①と同様に精子を回収して用います。卵子については、経膣採卵を行います。経膣採卵とは、卵子を吸引する注射針と、卵子の場所を確認する超音波を付けたプローブを膣内に挿入し、膣の中から卵巣に向けて針を突き刺して超音波で卵巣とそこにある卵胞を確認しながら卵巣へ針を刺して、卵胞に刺さったところで吸引し、卵子になる前の卵母細胞を回収します。
 
回収した卵母細胞をシャーレ内で培養し、卵子へと成熟させます。この成熟と合わせて精子を準備しておき、受精させるシャーレ内に卵子と精子を共培養して受精させます。受精した受精卵を顕微鏡下で確認し、その後の胚盤胞へ発生させるためのシャーレへ移し、培養機で培養します。受精後7日目に胚盤胞へ発生しているものを選択し移植に用いたり、凍結保存します。移植の際は、女性の排卵日をあらかじめ調べておき、胚盤胞と同じように排卵後7日目に子宮内へ移植し妊娠させます。
 

顕微授精+胚移植

③の顕微授精+胚移植は、胚移植は上記②のとおりです。顕微授精にもいくつかの種類があり、卵の殻に当たる卵子の透明帯を切開する方法や、透明帯と卵子の間に精子を入れる方法などいくつかありますが、現在最も普及している方法は「卵細胞質内精子注入法(IntraCytoplasmic Sperm Injection:ICSI)」です。

これは、②と同じように精子と卵子を準備し、卵子をガラス製のホールディングピペットで卵子を固定し、精子よりも少しだけ大きく先端が鋭くとがったガラス製のインジェクションピペット入れて、このインジェクションピペットを卵子に突き刺して精子を吐き出して授精させる方法です。

この注入時に注意することは、卵子の核の位置がわからないため、第一極体の近くに核が存在するはずと仮定し、第一極体を時計の位置でいう12時または6時の位置にセットすることが重要です。

また、精子を吐き出す際は、なるべく培養液を卵子内に入れ内容するため、注入の直前に精子をインジェクションピペット先端に移動させてから卵子へ突き刺し注入することでその後の胚盤胞への発生率が高くなります。
 

まとめ

以上が不妊治療で用いられている技術ですが、顕微授精の安全性については以下の通り安全です。

すなわち、通常の授精と異なり人間が顕微鏡下で精子を卵子に注入させて授精させますが、授精により精子の頭部が膨化して雄性全角を形成する、卵子は注入により活性化が再開され、卵子の核が第二成熟分裂中期から再開し第二極体を放出して雌性全角を形成する、その後、これらの全角が融合し授精が完了する、

受精した受精卵は、その後の発生を経る過程でも体内で受精した受精卵と同様に発生が起こり、胚盤胞を経て内細胞塊が透明帯から脱出し着床する、その後の妊娠も問題なくおこり、産まれた子供も通常の授精と差がないことが報告されています。

さらに、凍結保存による有害性も考えられますが、凍結した精子をICSIしても、ICSIにより産出された胚盤胞を凍結保存し、これを融解して女性の体内に移植しても、問題が発生したとういう報告は無く、問題はありません。
 
なお、凍結保存については、卵母細胞や卵子を保存する技術については、まだ確立されておらず研究段階です。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*