妊娠検査薬が使える時期と注意点

妊娠検査薬は診察をせずに自分で妊娠の有無を確認できる便利な薬品です。

妊娠検査薬というと、薬品を使用するのかと思われがちですが、実際には薬品によって尿中に含まれる妊娠中特有のホルモンの反応を検査するものです。

薬局やドラッグストアなどで手軽に購入でき、使用法も非常に簡単です。市販品では一回分と二回分などが販売されています。数社より販売されいるため商品名はさまざまですが、使用法や値段などにはあまり差異がありません。

使用法は説明書にあるように非常にシンプルですが、一般的にはスティック状のケースの蓋を外した部分に尿をかけて判定サインがでるのを待ちます。

このときかける尿の量が足りないと正しい判定はできません。

大抵の妊娠検査薬では、妊娠の有無を表す陽性と陰性の判定表示の他に、判定終了を表示するサインがでるような仕組みになっています。

陰性と陽性については使用する検査薬によってサインの表現に違いがあるため、使用時は説明書を捨てずにとっておくようにしましょう。

中には尿の量が足りず、サインがでなかったために陰性だと判断したが、少量の尿が少しずつしみていくことによって翌朝になって陽性の判定が出たというケースもあります。

このようなことを防ぐためには、尿意があまりないタイミングでの使用はさけることが無難だといえます。

しっかりと尿をかけたら、外しておいた蓋の部分を元に戻し、判定サインが表示されるのを確認します。時間は非常に早く、尿を吸い込むスピードと同様に1分以内でわかってしまうこともあります。

反対に5分以上経過しても表示がないような場合は、尿の量が足りていない可能性があるため、同じ検査薬に再度尿をかけてみて確認しても良いでしょう。

妊娠検査薬は妊娠を望む場合もそうでない場合も、検査により判定は99%以上であるとされています。婦人科を受診することが何より確実な確認法ですが、診療時間外やいますぐに知りたいとき、診察前のタイミングで事前に確認したいときなどに利用される方が多いようです。

商品の注意書きにもありますが、検査薬を使用後妊娠がわかったときには必ず専門医を受診することが大切です。
検査薬では妊娠の有無はわかっても、正常通りの妊娠であるかどうかの判断はできないからです。

母体と胎児に両方にとって大切なことは診察を受けて、しっかりと妊娠の状況を確認することです。

便利で確実な妊娠検査薬ですが、使用するタイミングによっては正しい判定ができないこともあります。
商品の説明書きには生理予定日の一週間後から使用可能とある場合がほとんどですが、生理予定日を一週間すぎるまで待てずに使用される方も少なくありません。

生理が順調なサイクルである場合は1日でも予定を過ぎた段階で妊娠を疑い、検査薬を使用する方もありますが、実はこの時点でも陽性のサインがでることは少なくないのです。

生理予定日を前にして、いつもと違う体調の変化を感じているような場合はとくに一週間を待たずに使用してしまうこともあるかもしれません。

妊娠を望む状況で、日頃から基礎体温をつけている場合は、高温期が長く続いていることで妊娠が考えられる状態だと判断できることもあるでしょう。

しかし、商品説明に従わないで一週間を待たずに使用し、陰性の判定が出た場合は生理がおとずれる前に再び検査をして確認したくなることもあります。
もしくは、早いタイミングで検査した際に陰性だったのでそのつもりで過ごしていたら結果生理が訪れず妊娠が発覚したというケースもあります。

妊娠発覚を機に飲酒や喫煙をする女性は多く、普段の生理のサイクルにもばらつきがあるような場合は妊娠に気が付かず胎児に悪影響な生活を知らず知らずに続けてしまうといったリスクもありますので注意が必要です。

生理開始予定日から一週間も待てないという方は早期判定が可能な検査薬も販売されていますので、そちらを使用すると良いでしょう。

妊娠は女性にとってとても大きな出来事ですから、早く結果が知りたいという気持ちは誰もが持っているでしょう。しかし正しい判定を確認することもまた大切なことで、そのためには使用法を守ることが最適だといえます。

検査薬を使用する前につわりの症状など体調の変化や不調を感じて受診する可能性もありますが、このとき妊娠の可能性を考えずに婦人科ではない病院を受診してしまう場合もあります。

婦人科を受診する時期が遅くなるリスクもあるため、日頃から自分自身の生理のサイクルについて記録し、把握することは妊娠の希望有無にかかわらず、女性として非常に大切なことです。

最近では生理日や性交日などを手軽に記録できるスマートフォンのアプリなどもありますので利用してみるのも良いでしょう。
自分のサイクルを知ることは妊娠にかかわること以外にもメリットがあり、ダイエットやお肌のお手入れについても管理がしやすくなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*