リプロダクションクリニック大阪の体験談

リプロダクションクリニック大阪の体験談を紹介してくださるのは、『雄太』さんです!リプロダクションクリニック大阪の口コミ・評判などが気になる方は是非参考にしてみてください。

当サイトは、なかなか聞きにくい個人の体験談を提供しています。不妊治療は約30年ほどの歴史なので、施術内容も変化している可能性があることをご理解の上、参考になさってください

不妊治療を始めようと思ったキッカケを教えてください

妻と結婚してから5年間は子供を作らずに自分たちの生活基盤をしっかりとするためにお互いに仕事に打ち込んできました。そして5年後、ようやく生活も安定してきたのでお互いに子供を作りたいと思いました。ところが、なかなか子供が生まれず。しかも私の精力が落ちてきたのかだんだんと性生活もうまくいかなくなりました。妻もこれにショックを受けたのか、「不妊治療クリニックに行ってみない?」と言われました。これが不妊治療のきっかけです。

ただ、当初私は妻から不妊治療クリニックに行くことを勧められたのを拒んでいました。理由としては精力が衰えていた自分に不妊の原因があると思ったからです。結果を知ったら立ち直れないかもと思いました。ただ、満足に性生活を送れないようでは子作りすることさえできません。だから妻にこっそりと病院を探しました。初めに通ったのはED治療病院でした。しっかりと満足のいく性生活をおくれれば子供ができるのではと思ってED治療薬を処方してもらったのです。ところが、性生活はうまくいくようになったのですが子供は生まれず。これはもう妻と一緒に不妊治療するしかないと思って妻の申し入れを聞きました。

かかりつけの病院を選ぶ際にこだわったポイントを教えてください

最初は妻が家の近くで不妊治療クリニックを選んでくれて、そこで妻だけは病院へ行ってもらい私は精子だけを採取して調べてもらう精子検査を受けました。すると、妻の方は問題なかったのですが私の方に問題があることがわかりました。

本格的に不妊治療をしなければならないとわかり、リプロダクションクリニック大阪に決めました。ここのクリニックを選んだポイントは、男性の不妊治療クリニックとしてとっても有名であったこと、そして実際に先生に診てもらった時にやさしく接してくれたからです。

何歳頃に治療を開始されましたか?

私が37歳の時です。

不妊治療の開始した時期を、西暦で教えてください。

2011年です。

最終的に、どこの病院に通院され、どのような治療を受けましたか?

リプロダクションクリニック大阪に通院するようになって、自分の症状が造精機能障害であり乏精子症と言う事でした。治療に関しては、最初にタイミング法を行いましたがうまくいかなかったので人工授精の方法を取ることになりました。

実際に病院に通ってみて、あなた症状や考え方に合っていた事・違っていたことは、どのようなことでしたか?

乏精子症では子供は難しいのかと思いましたが、症状の軽さや重さは人によって違うという説明をしてくれたりして実際に検査を受けてみたり治療してみないとわからないことが多いんだなと感じました。

メンタル面のケアは、いかがでしたか?

自分が乏精子症でショックでしたが、先生が「精子の数が少ないだけで子供ができる可能性は十分あります」と言ってくれたおかげでかなり気持ちが楽になりました。また、いつでも相談に乗ってくれるので本当に助かりました。

成功可否は?もし、途中で治療を辞めたのであれば、理由を教えてください。

人工授精をしてもらってから2回ほどで無事に妻が妊娠。子供が生まれました。自分が妻の忠告をもっと早く聞いていたらもっと早く子供を授かっていたかもしれません。いずれにしても私も妻も、なかなか子供ができなくてあきらめムードも出てきていただけに妊娠を聞いたときは本当にうれしかったです。あきらめずに不妊治療を続けることがとても大切なんだなと感じました。

最後に

子宝に恵まれるかどうかはパートナー同士の状態によって変わります。リプロダクションクリニック大阪が気になっているのであれば早めに相談してみてはいかがでしょうか?

⇒ 不妊治療を考えた時にまず確認したいコトとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*