夫婦木神社へ子授け祈願のプチ旅行

山梨県甲府市にある「夫婦木神社」へ出かけてきました。こちらの神社は子授け祈願のために出かけたんですが、やはり私達と同じような悩みを持っているらしきご夫婦が数組訪れていました。私達の長年の悩み、それは不妊であることです。検査などもしてある程度の原因はわかりましたので、その対策をとりながら去年から不妊治療を開始しました。しかし残念ながら、これまでのところ子宝にはまだ恵まれていません。そこで子宝に恵まれるというご利益がある夫婦木神社にやってきたというわけです。

こちらの境内には面白い形をした木があります。まるで女性の下半身のような形をしているのですが、この木もご神木となっているそうです。自然にできた女性器の象徴であると書かれた看板のようなものがありました。そして男性器の形をしている木のほうは奥殿にありますよとのことだったので、さっそく移動して奥殿まで行きました。参拝料を支払う必要がありますので、社務所へ寄り道してから奥へと進んでいきます。

男性器の象徴の木のほうは下のほうがくぼんでいて、中には男性器によく似ている5mほどある突起が生えていました。そのくぼみの中に入って、男性器のような突起を握り締めるようにしておまいりしてくださいとのことでしたので、夫は少し恥ずかしそうにしながら握り締めていました。そして面白かったのはこのご神木の周囲にはいろんな場所に男性器を模したものがいくつもあったということです。

この神社は霊験あらたかなので、夫婦そろって参拝すれば必ず子宝に恵まれますよというお話で境内にいた方もおっしゃっていたので、心強いなと思いながらご神木に願いをこめておまいりしました。

それから御神水があると聞き、そちらへ移動して置いてあったカップで一口お水を飲ませてもらったのですが、これがおいしかったです。柔らかくてほのかに甘い感じがして、水質検査の結果でも良水となっていました。持ち帰ることができればうれしかったですが、お水を飲んだことでさらに子宝に恵まれる可能性は高くなったかもとなんだかうれしくなりました。帰る前にご神木の写真が販売されていたのでそれを迷わず購入し、さらに絵馬もあったのでしっかりと子宝に恵まれますようにと書いてきました。

御朱印もいただいてきましたが、書いてもらっている間にはいろんなお話を聞かせてもらうことができて、なかなか個性的な方だったのが印象深かったです。人気のパワースポットというだけあって、全国からたくさんの参拝者が来ているようでした。私達もプチ旅行気分で来ていたので、この神社に参拝に来た方達も私達夫婦にもご利益があるといいなと願いながら帰ってきました。

山梨県は良い場所でしたし、個人的にはすごく好きになったのでまた出かけたいなと思っています。主人の休みがあわないとなかなか行けないのですが、またおいしい御神水を飲みたいですし、人の良さそうな神社のご婦人にもまた会いたいです。

夫婦木神社の周辺地図

⇒ 子宝祈願のマナーはご存じですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*