子宝祈願のマナー

体は至って健康なのに、なかなか妊娠の兆しが見られないというカップルは意外と多くいます。また、一人目は授かったのに二人目がなかなか授からないというケースもあり、こうしたカップルの間では大きな悩みとなっています。

最初はタイミングの問題もあるとして、基礎体温をきちんと付けて妊娠の確率が高い日をチェックすることで、妊娠に至る場合もあります。しかしながら、タイミング法を継続して約2年間妊娠に至らない場合には、本格的に不妊治療を行うことになります。こうした夫婦は意外と多く、それほど夫婦間では切実な願いとなっているのです。

最近では、医療も進化を遂げており、不妊治療においても高い効果を発揮できるようになってきましたが、それでも全てのカップルが赤ちゃんを授かっているわけではありません。妊娠願望が強くなればなるほど、神様にもすがる思いになってきます。

日本には、多くの神社が存在し、様々なご利益のある神様が祀られています。その中には、子宝に恵まれない夫婦に人気の子宝祈願が行える神社やスポットがあります。こうした子宝スポットでお参りをすると、赤ちゃんを授かることができたという話をよく聞きます。実際に子宝に恵まれたご夫婦がお礼に訪れ、絵馬に妊娠報告をするということも多いです。

不妊治療が長くなると、精神的にも大きなダメージがかかることになり、妊娠しやすい身体づくりにも大きな悪影響を与えることになります。そのため、沈みがちな気持ちを前向きにすることも大切になってきます。そこで、気分転換も兼ねて全国の有名な子宝神社に出掛けてみることもおすすめです。

子宝神社などを訪れた際には、より高いご利益を得るために、参拝時の作法を知っておくと効果的です。

子宝神社などを訪れて参拝すると、必ず妊娠することができるわけではありませんが、2人の気持ちをリフレッシュさせ前向きにさせることができます。妊娠にはストレスも大きく影響すると言われています。なかなか赤ちゃんが授からないカップルは、妊娠したいという気持ちが他の夫婦よりも高くなっているため、不妊期間が長くなるほど焦りにつながってしまいがちです。更に、友人夫婦に赤ちゃんができたという報告を聞いたりすると、その思いは更に強くなってしまうこともあります。

こうした状況は、特に女性には大きなストレスになることが多く、ホルモンバランスや排卵に大きな影響を与えることがあります。そんな精神的に追い詰められた状態を解きほぐしてくれるのが、このような子宝神社やスポットです。

子宝スポットで祈願することで、妊娠することができるかもという前向きな気持ちに転換することができ、また観光も兼ねることで心身のリフレッシュが行えるので、妊娠にもつながりやすくなります。

また、科学的に祈願することは体内に大きな変化がもたらすことが分かっています。

例えば、この神社で祈願することで妊娠しやすくなるということを知ってお参りすることで、前向きな祈願が行えることになります。すると、脳内ではオキシトシンやドーパミンという物質が多く分泌されます。この物質は、快楽時に多く分泌されることが分かっており、特にオキシトシンはストレスの減退、血圧上昇の抑制、免疫力アップなどの効果が認められています。

イライラが募りストレスが溜まった状態では、コルチゾールという体に悪影響を与える物質が多く分泌されるので、体調にも影響を与え妊娠しにくい身体になってしまいます。お祈りをすることにより、悪玉物質であるコルチゾールの大量分泌を抑え、善玉物質のオキシトシンやドーパミンを増やして妊娠しやすい身体に変えてくれます。これにより、赤ちゃんを授かる確率が今までよりも高くなるのです。

基本的は参拝作法

子宝神社でお参りをする際には、ぜひとも参拝のマナーを守って効果的なお参りをするようにしましょう。神社ごとに参拝マナーがあるので、それを守って行うことが第一です。

①神社の入り口にある鳥居の前で止まり、一礼をする

②鳥居をくぐる際には、参道の左側を歩いている時には左足から、また右側を歩いている時には右足からくぐる

③本殿に行く前には、手と口を聖水で清めてから参拝する、というマナーを守ります。

この際注意しなければならないのが、本殿へと続く参道の真ん中は歩かないということです。それは、参道の真ん中は神様の通り道となっているためです。

また、参拝の時間と服装、費用については、時間は特に気にする必要がありません。また服装は、なるべく正装で参拝することが望ましいです。強制ではありませんが、私服の場合にはあまり華やかなものは避け、清潔感と失礼のない格好を心がけましょう。

お賽銭は、金額に関わらず基本的に投げ入れるのは避け、神様への感謝の気持ちを込めて賽銭箱へそっと入れるようにすると良いです。金額についても、いくら以上でなければならないという決まりはありません。

このような参拝マナーを守って、子宝につなげていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*