北海道の子宝の湯『登別温泉』

ザ・ドリフターズの歌にも登場する日本を代表する温泉の1つ「登別温泉」は9種類の泉質と一日1万トンという豊富な湧出量が自慢の温泉で、その沢山の泉質と湯量は「温泉のデパート」と言われています。その上「にっぽんの温泉100選」といったランキングでは常に上位にランクされ国内はもとより最近は海外からの観光客でも賑わっています。

この登別温泉の始まりは1800年代までさかのぼり、北海道の名づけ親として知られる探検家・松浦武四郎が訪れた話しや温泉の開湯の祖・湯治の祖と呼ばれる滝本金蔵さんが皮膚病の奥さんのために温泉宿を開いたという歴史を持ち、日露戦争の際は傷病兵の保養地に指定されるなど北海道でも古い歴史を持つ温泉地です。

人気のある泉質は皮膚病などに効果的な硫黄泉・明礬泉・重層泉を始め、神経痛や冷え性、高血圧、貧血に良いとされる泉質、そして最近では子宝に良い泉質も注目されています。

その子宝に人気の温泉というと全国各地に点在している事でも知られていますが、全国的に知られているのが伊香保温泉や城崎温泉、岐阜のみなみ子宝温泉などです。そして北海道内では摩周温泉、十勝岳温泉、登別温泉だけで、そんな貴重な温泉を登別で所有するのは「名湯の宿 パークホテル雅亭」というホテルです。こちらのホテルで実際に子宝湯に入浴された方の中には訪れて数か月後に妊娠したという方や、リラックス効果が高い温泉なので奥さんの体調を整えるだけじゃなくご主人のストレスの緩和にも大変効果的だという事でご夫婦ともに効果を感じている方が多いようです。

※ 関連記事:子宝温泉・子宝の湯の不思議な効果

またこちらのホテルは源泉の上に建つ珍しいホテルなので高濃度の温泉が自慢で子宝湯のほかにも婦人病やリュウマチ、皮膚病、糖尿病といった症状の緩和に効果的な5種類の温泉が湧き出ているという事です。しかも、北海道ならではの自然や雪景色を楽しむ事が出来る露店風呂や、登別の名所「地獄谷」をモチーフにした大浴場など温泉を楽しむ為の演出も素敵なホテルなので世代を問わずに沢山のお客さんが訪れています。

また、心の底からリラックス出来るリラクゼーション施設も充実しており、アロマエステやボディトリートメント、フットトリートメントといった施術を受けてゆっくりと温泉に浸かる事で更に効果的にリフレッシュすることも出来ます。場所は登別温泉ターミナルより下車し徒歩10分、地獄谷へ行く分岐点より左に折れた登別温泉通りに入ってすぐの場所にあります。

登別温泉の周辺地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*