厳選!有名な子宝神社

日本には、全国各地に子宝や安産にご利益がある神社が多くあります。参拝すると子宝に恵まれるという神社を子宝神社と言い、昔から多くの人々の信仰を集めてきました。子供を授かりたいと言うのは、昔から人々の切実な悩みであったのです。現代でもそれは変わらず、子供を授かりたいと言う多くの人がこのような有名な子宝神社を訪れています。

子宝神社で参拝を行うことは不確定な迷信のように感じることもありますが、神社仏閣などで前向きなお願いをすると、脳内の快感物質が促進され身体のバランスが整って妊娠しやすくなるという効果があると言われています。

東京水天宮

子宝神社は全国各地にありますが、インターネットの口コミなどで参拝者が増え、有名になった神社もいくつかあります。そのうちの一つが東京水天宮です。安産祈願で有名な神社ですが、子授けにもご利益があると言われています。東京都中央区日本橋蛎殻町にあり、福岡県久留米市にある久留米水天宮の分社になります。水天宮に祀られている四柱の神様の一柱が天御中主大神です。

天御中主大神は宇宙のはじまりに、高天原に最初に現れた神さまであり、日本の神様の祖先神であるとされています。安産や子宝にご利益を与えてくれると言われています。

また、境内には子宝いぬという銅像があります。子犬を見つめる母犬を象った像で、周囲を取り巻く十二支の文字が書かれた玉のうち、自分の干支をなでると安産、子授け、無事成長といった様々なご利益があると言われています。お守りを買う際は、所定の用紙に自分の名前を記入します。すると翌日に1人1人読み上げ、子宝の祈祷を行ってくれます。

日枝神社

東京水天宮と並んで有名なのが、東京都千代田区永田町にある日枝神社です。水天宮と比べると混んでいないのが魅力で、静かな雰囲気で参拝を行うことができます。日枝神社の御祭神である大山咋神様は生成化育の神様で、それゆえに子宝にご利益があると言われています。その昔大山咋神様の化身である丹塗りの矢を持ち帰り、それを寝床に置いたところ子供を宿した玉依姫の物語は、山城國風土記に記されています。

日枝神社ではこの丹塗りの矢を模したお守りである子授けの矢を購入することができます。

また、日枝神社の御祭神のお使いは猿であるとされています。猿は犬と共に多産安産の神様です。日枝神社には夫婦猿の像があり、後社殿の前にある夫婦猿のうち、女猿をなでると子授け、安産にご利益があると言われています。また、猿は集団生活をして子供へ深い愛情を持って接することから、夫婦円満、家門繁栄にもご利益があると言われています。

※関連記事:日枝神社へ子授け祈願ののプチ旅行

菅原大神

千葉県銚子市にあるのが、菅原大神です。菅原道真公を祀っている神社で、学業成就だけではなく子宝神社として有名になっています。この神社では子産石というものが有名で、拝殿に大小さまざまな90個の石が納められています。この石をおなかに抱いて祈ると、子宝の御利益があると言われています。ただしこの石に触ることができるのは毎年2日、2月の春の例祭と11月の秋の例祭だけとなります。その限定感もあってか、その2日間は毎年多くの人が訪れます。

御胎内神社

静岡県御殿場市にあるのが、御胎内神社です。富士山の溶岩で形成された自然公園、胎内清宏園の中にあります。この神社の横には、御胎内洞窟と呼ばれる洞窟があります。この洞窟は富士山の噴火によってできた洞窟で、内部が人体に似ていることから御胎内と呼ばれています。

中はいくつかのブロックに分かれていますが、真っ暗で、懐中電灯を片手に進むことになります。人の体内を模した洞窟を巡ると言う神秘的な体験で、スピリチュアルなパワーをもらうことができます。また、神社にはコノハナサクヤビメとサルタヒコが祀られています。コノハナサクヤビメは富士山の噴火を抑える役目を持っており、また建物に火を放って子供を生み落した女神としても有名なことから、安産や子授けに効果があると言われています。

西野神社

北海道札幌市にあるのが西野神社です。御祭神である豊玉姫命が安産の神であることから、安産や子授けにご利益がある神社であるとされています。犬の石像があり、中央に位置する母親の周りを、たくさんの子犬が囲んでいる姿を象っています。子犬にはそれぞれ干支が割り振られており、子宝を祈願する場合は中央の親犬を、安産を祈願する場合は生まれてくる子どもの干支の子犬をなでて祈願すると効果があるといわれています。

子供を授かったときは、安産祈願も行うことができ、安産狛犬を受け取ることができます。出産までは神棚などに飾って安産を祈願し、赤ちゃんが生まれたあとは赤ちゃんの生年月日と氏名を記入し、初宮詣の際に収めます。

最後に

時間に余裕がある場合は全国各地の子宝神社を巡るのもおすすめです。ご利益だけではなくちょっとした旅行気分も味わえ、パートナーと廻れば神社巡りの素敵なデートになるでしょう。また、参拝して子供を授かった時は、安産祈願を兼ねてお礼参りを忘れずにするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*