子宮の血流が悪い場合には、呼吸法から考えてみませんか?

不妊に悩んでいる夫婦が数多くいます。ずっと努力をしているもののなかなか授かることができないカップルは少なくありません。

実は「妊娠しやすさ」には子宮や卵巣の血流量が影響しています。血流量が多いほど、着床率、妊娠率が高くなり、流産する確率が低くなると言われているのです。卵巣の中の血流量は年齢を重ねるごとにだんだん少なくなっていきます。原因はいろいろありますが、老化現象減少の一つと言えます。

血液は栄養を子宮や卵巣に運び、老廃物を運び出す役割を担っています。つまり流れる血液の量、質などが、子宮の状態にダイレクトで関わってくるのです。高齢による卵巣の機能の低下であったり、卵子の数の減少が原因による不妊に対してアプローチできることは少ないですが、血液を洗練させることで、妊娠しやすい体つくりをすることはできます。

ではどのようにして血液を洗練させていけばいいのか。血液が運ぶ大切なものは「栄養」だと前述しましたが、もうひとつ重要なものを運んでいます。「酸素」です。血液の中に酸素十分含まれていますか。人間や動物、植物の行う呼吸についてもう一度考えてみましょう。

きれいな血液を作るために

人の体の血液の良しあしはさまざまな要因から決まります。どれか一つを高めたからと言って血液が良くなるわけではありませんし、薬などを使って強制的に血液の質を変えたからといって、体質が変化するわけでもありません。

血液の質を悪くしている要因に対して満遍なくアプローチしながら体質を少しずつ変えていくことが重要なのです。体内の酸素の量を決めるには、当然「呼吸」を見直していかなくてはなりません。

これらは私達の体を構成している生命活動の中でも最も大切なもの。これが正常に機能しているかどうかで私達の心身の状態が決まります。不妊に対して有効なアプローチになるだけでなく、健康的で活力あふれる毎日を手に入れることもできると言えるでしょう。

「呼吸」に対してのアプローチ

呼吸は私達人間にとっても、動物にとっても、植物にとっても最も大切なものです。呼吸のことを真剣に考えるというのは、つまり身体のことを真剣に考えるということです。

呼吸を整えていることで、自律神経を介して身体の働き自体を整えていくことにつながるのです。もともと人間の呼吸とは、鼻から吸って鼻からはくものです。口ではありません。口はあくまで食べ物を摂取するための穴です。

空気は鼻から摂取するようになっています。ところが現代人は多くの人々が口での呼吸を行っています。どうしてこうなったかにはいくつかの説があります。

  • 光化学スモッグや花粉などで、慢性的な鼻つまりになる人が増え、結果口での呼吸を行う人が増えた。
  • 忙しさやストレスなどが原因。
  • かたいものを食べる習慣がなくなり、幼いころから柔らかいものばかり食べるせいで、顎の筋肉が発達せずに口を閉じておくことができなくなり、口を開いたままの状態が常態化してしまっている。

などです。

口呼吸は手短に大量の酸素を取り入れことができるのですが、呼吸じたいが浅いものになり、肺の隅々まで酸素がいきわたらなくなります。結果血液に乗る酸素の量も少なくなってしまうのです。いずれにしろこれらを改善していき、本来の鼻呼吸を取り戻す必要があります。

口呼吸のデメリット

鼻呼吸の場合、鼻から入った空気は鼻毛や粘膜でろ過されながら肺の中に入っていきます。しかし口呼吸の場合、吸気口は大きいわりに、そこにろ過機能がついていないので、排気ガスや光化学スモッグがダイレクトに体内に入ってきてしまうのです。当然血液も汚れてしまいますし、結果体調にも悪影響を及ぼすことになります。

鼻呼吸を習慣づけるために

取り組むのは「腹式呼吸」です。朝一番と、昼、そして一日の最後に「深く長い呼吸」を行うようにします。

  1. 背筋を伸ばして椅子に座る。正座でもかまいません。顔全体の筋肉をゆるめます。口元も目も力を抜いてしまいます。
  2. 鼻から空気を吸い、3秒ほど息を止めます。
  3. 自然に力を抜き、ゆっくりと鼻から息を吐いていきます。
  4. 息をすべて出したらそこで少し息をとめ、また1に戻ります。このサイクルを繰り返すのです。吐く行為を意識して呼吸を行うようにしてください。鼻で吸い、鼻で吐くことが大切です。

このような運動を定期的に毎日、必ず行うようにしましょう。最初はなれなくても段々と体が覚えてくるはずです。そして最初のうちは苦しく感じてしまうと思います。しかしその苦しさもトレーニングを重ねるうちに緩和されてきます。きれいな空気を肺いっぱいに吸い込むようになることで、血液に溶け込む酸素の量は明らかに変わってきます。全身に酸素が行き届いている状態を作ることが、普段の体調を変えていくのです。

酸素が体内に十分に供給されている状態では、疲れやすさや、脳の働き、ストレス、動作のスピードなど、さまざまな部分にポジティブな変化がみられるようになってきます。それだけ人体にとって酸素とは大切なものなのです。指先の隅々まで、脳のはしからはしまで、酸素を十分に供給していくことが、体の構造そのものを、そしてそれによってもたらされる妊活を変えていくのです。この瞬間から始めることができる方法です。どうぞお試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*