鹿児島県鹿児島市にあるレディースクリニックあいいくの体験談

鹿児島県鹿児島市にあるレディースクリニックあいいくの体験談を紹介してくださるのは、『YU』さんです!鹿児島県鹿児島市にあるレディースクリニックあいいくの口コミ・評判などが気になる方は是非参考にしてみてください。

当サイトは、なかなか聞きにくい個人の体験談を提供しています。不妊治療は約30年ほどの歴史なので、施術内容も変化している可能性があることをご理解の上、参考になさってください

不妊治療を始めようと思ったキッカケを教えてください

私が不妊治療を始めたキッカケは、『不妊の定義は子作りを開始して2年間授からないこと』をネットで知ったからです。私たち夫婦は子作りを開始してから2年が経過していたので不妊の定義に当てはまっていました。焦ってしまい、不妊治療に挑むことを決めました。

※現在の不妊の定義は、1年と変更になっています。

かかりつけの病院を選ぶ際にこだわったポイントを教えてください

まず不妊治療で有名なクリニックを口コミなどでたくさん調べました。その中でも有名な不妊治療専門クリニックが目に付きました。もうひとつ有名な所があったのですが、そちらの方は婦人科と共同建物だったので候補から外しました。同じく不妊に悩んでいる友人も同じクリニックを選んでいたので安心感もありました。場所も家から比較的近くだったのでそこもポイントとなりました。

何歳頃に治療を開始されましたか?

不妊治療を開始したのは22歳の時です。結婚をしたのが20歳と若かったのでデキ婚と間違われることも多く、それで嫌な思いをしました。

不妊治療の開始した時期を、西暦で教えてください。

2014年

最終的に、どこの病院に通院され、どのような治療を受けましたか?

色々悩んだ末、愛育病院の不妊治療専門クリニックに通うことにしました。病院に行く前に過去3ヶ月分の基礎体温表を自分で印刷・作成してそれを持ち込みました。見事なほどの低温期がずっと続いており、検査の結果無排卵と診断されました。排卵誘発剤のクロミッドを処方されました。副作用もとくに感じず私には合っていたお薬だったと思います。

実際に病院に通ってみて、あなた症状や考え方に合っていた事・違っていたことは、どのようなことでしたか?

まず私の生理周期がきちんと定まっていなかったため、『生理周期を正す事から始めよう』とお医者様に言われました。その際、ピルを進められたのです。ピルは生理周期を正すことは出来ますがその間、妊娠は出来ない薬です。避妊具としても使われています。私がまだ若い事から、焦らなくて良いとの意味だったそうですが提案された時は、妊娠から更に遠退く気がして目の前が真っ暗になりました。しかし私の要望を伝えたらピルではなく、クロミッド処方となったので安心しました。

メンタル面のケアは、いかがでしたか?

お医者様と話す機会はそこまで設けられておらず、相談などは基本的に看護婦さんの対応が多かったです。先程も述べたピルを処方されそうになった時は看護婦さんに泣きながら『早く赤ちゃんがほしい』と訴えてしまいました。女性同士だからこそ、話しやすいというのもあったかもしれません。また、院内の廊下には不妊治療を経て赤ちゃんを授かったご夫婦の写真とコメントなどが飾ってあり希望にもなりました。

もし、途中で治療を辞めたのであれば、理由を教えてください。

不妊治療を開始して一年半でクロミッドを服用するのを中断してしました。なぜかと言うと、私より後に結婚した人の妊娠報告、デキ婚の知らせが年齢的にも多くなり、辛くなったのです。同じクリニックに通っていた友人も妊娠に至りました。おめでたい事なのに心から祝福できない自分が居て自己嫌悪に陥りました。SNSを開けば、赤ちゃんの写真ばかりでもう耐えられなくなってしまいました。主人と相談して、私のメンタル面を考慮し、ちょっと休憩しようという事になったのです。主人が『夫婦、ふたりでも別に不満はないよ。楽しもうね。』と言ってくれた言葉でとても救われました。

最後に

子宝に恵まれるかどうかはパートナー同士の状態によって変わります。鹿児島県鹿児島市にあるレディースクリニックあいいくが気になっているのであれば早めに相談してみてはいかがでしょうか?

⇒ 不妊治療を考えた時にまず確認したいコトとは

地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*