石川県金沢市にある石川県立中央病院の体験談

石川県金沢市にある石川県立中央病院の体験談を紹介してくださるのは、『ゆきママ』さんです!石川県金沢市にある石川県立中央病院の口コミ・評判などが気になる方は是非参考にしてみてください。

当サイトは、なかなか聞きにくい個人の体験談を提供しています。不妊治療は約30年ほどの歴史なので、施術内容も変化している可能性があることをご理解の上、参考になさってください

不妊治療を始めようと思ったキッカケを教えてください

生理が始まったのが12才でしたが、その後半年ほど生理が全く来ず、また、生理は再開しましたが、とても不規則でした。中学時代にダイエットの経験もあり、生理不順もあったので、結婚当初から自然に妊娠することは無いんじゃないかと、漠然と思っていました。ですから、結婚したらまず病院に行って、自然妊娠できる身体なのかを調べようと思っていました。

かかりつけの病院を選ぶ際にこだわったポイントを教えてください

妊娠するまでに4件の病院にかかりましたが、4件目の妊娠するまでに至った病院を選んだ理由は、排卵させる為の注射を自宅で行える病院だと聞いたことです。

何歳頃に治療を開始されましたか?

結婚した歳の27歳から30歳までの3年間不妊治療をしていました。

不妊治療の開始した時期を、西暦で教えてください。

2008年です。

最終的に、どこの病院に通院され、どのような治療を受けましたか?

妊娠までに至ったのは、4件目に巡りあった病院で、石川県の金沢市にある石川県立中央病院です。

実際に病院に通ってみて、あなた症状や考え方に合っていた事・違っていたことは、どのようなことでしたか?

最初に不妊治療に訪れた病院では、いろいろと検査をしましたが、これといった原因がわかりませんでした。なので、その病院では半年ほど、ホルモン剤とタイミング療法を続けました。

しかし、半年たっても効果がなかったので、2件目の病院へ行きました。ここでも特にちゃんとした病名は出ませんでしたが、ホルモンの値を増やすために、1日おきに注射に来てくださいと言われました。当時は正社員で仕事もしていましたし、この2件目の病院は自宅からも職場からも遠かったので、こちらの病院から紹介状を書いて頂き、3件目の病院へ移りました。そして、この3件 目の病院で、自分が「多嚢胞性卵巣症候群」という症状であることが判明しました。

そこで、この3件目の病院で1日おきの注射をはじめましたが、ネットので調べてみたところ自宅からほど近い、石川県立中央病院なら、1日おきに病院に通わなくても、自宅で同じ注射ができると知り、こちらの病院に移りました。

この4件目の病院である、石川県立中央病院は、仕事をしながら不妊治療をしたいと思う、私の希望を汲みとってもらえました。なかなか仕事をしながら1日おきに注射を受けに行くのは大変なことです。なので、自宅で注射ができたことで、仕事を辞めずにすみましたし、不妊治療を途中で諦めずにすみました。この病院には非常に感謝していて、ドクターの考え方にも特に不安を持ったりすることもありませんでした。

メンタル面のケアは、いかがでしたか?

ホルモン剤の薬を飲んでいた時期は、気持ちが悪くなったり、ふらついたりすることが何度かありました。その度に、職場の仲間に助けられましたが、逆に私の不妊治療が、皆に迷惑をかけているように思えて、辛かったです。注射に切り替えてからは、そういった症状はなくなりましたが、今度はむくみや、お腹の張りが常にあり、精神的にも肉体的にも辛かったです。

成功可否は?もし、途中で治療を辞めたのであれば、理由を教えてください。

2008年の9月から不妊治療を開始して、幸いな事にちょうど3年後の2011年の9月に無事に娘を出産しました。また、その娘は4歳になりましたが、先月より、2人目の不妊治療を再開させました。明日から自己注射、来週は卵管造影検査の予定が入っています。また、頑張ります!

最後に

子宝に恵まれるかどうかはパートナー同士の状態によって変わります。石川県の金沢市にある石川県立中央病院が気になっているのであれば早めに相談してみてはいかがでしょうか?

⇒ 不妊治療を考えた時にまず確認したいコトとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*